• スライド1
  • スライド2
  • スライド3

安心安全の国産豚で 本場に負けない味わい

おおわに自然村の生ハムは、大自然に放牧している国産豚を使用しています。
これは国内ではとても珍しいことで、大鰐の環境や気候がおいしい生ハム作りに適しているからこそ出来ることなのです。

熟成にもゆっくりと時間をかけ、より深みのある味わいに仕上げているのも特徴のひとつです。
こだわり抜いた本格的な生ハムをぜひご堪能ください。

生ハム紹介動画

古くて新しい取り組み、レトロポーク。

おおわに自然村は大鰐町のふるさと雇用再生支援事業として、大鰐町駒の台地区で約7ヘクタールの敷地内で循環型農業の体験ができるグリーンツーリズム施設と、それに併設する養豚場及び豚肉の加工場を有し、平成18年度創業しました。
当村の養豚場では、スーパー、コンビニ等から毎日大量に出る、廃棄弁当等の食物残さを飼料として加工した餌(飼料も自社で加工)を食べさせて地球にやさしい南津軽昔豚(レトロポーク)を育てています。
循環型農法の入口から出口までを完結させ、子どもたちの未来のために、青森のすばらしい自然環境を守っていくのが使命と考えております。
食品リサイクルループの実践地として、数多くの企業様も見学にいらしております。

おいしさにこだわる=学ぶということ。

おおわに自然村では、大人の体験として「生ハム塾」を開催しております。
生ハム作りに最適な立地条件はさる事ながら、食品リサイクルループを実践し、環境にも考慮した体系で飼育された豚を使用する事で、食・自然・環境等、様々な事を考えて頂く機会になればと思っております。
生ハム塾では、青森県産豚モモ肉の血抜きを行い、天然海水塩をすりこませるといった、完成までの工程のうち初回の作業を体験していただきます。
塩以外のものは一切使用せず、1年以上かけて貯蔵し、じっくり熟成させます。皆様のご参加をお待ちしております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

アクセス情報

おおわに自然村 生ハム工房

住所:〒038-0222 青森県南津軽郡大鰐町早瀬野小金沢48-2
TEL:0172-26-8692
FAX:0172-26-8490

※おおわに自然村 生ハム工房は(有)エコ・ネットが運営しております。